費用無料!出廷不要!参加簡単!!告訴しよう!

反日朝日新聞を正し、日本の名誉を取り戻すための集団訴訟の原告を募集してます

現在485名が原告として参加中

朝日新聞を正す会会報

2015年2月9日朝日新聞を正す会の記者会見


日本が世界中で誤解されている

eebd6ce5e69afe091f6bf77b64c8e75f

米国に建つ慰安婦像にはこの様に記されている。

日本帝国政府軍により、誘拐された20万人以上の婦女子を偲んで。

1930年~1945年それは「慰安婦」として知られています。彼女たちは誰も気付かずに去るべきではない。人権侵害を耐え忍びました。

人間性に反した犯罪の恐怖を決して忘れさせないでください。

これらのねじ曲げられた歴史の真実は、朝日新聞の「従軍慰安婦記事」などが事の発端となった事は周知の事実であり、今後、朝日新聞が国際社会に向けて訂正と謝罪をしない限り、これらの訂正と日本国の名誉回復は難しい。

私たち「朝日新聞を正す会」は、朝日新聞に対して、歴史の事実を正しく見つめ直し、

自社の誤報記事の訂正を国内外に謝罪させる為に立ち上がります。

反日新聞である朝日新聞を正し、日本国民としての名誉を回復させる為に、集団訴訟の原告を募集しています。

一人でも多くの日本国民の参加を呼び掛けます

費用も出廷も一切ありません。米山弁護士が皆さんの委任を受け、朝日新聞社と対峙します。

 

以下の訴状を提出して朝日新聞との裁判が始まりました

朝日新聞を訴える訴訟に参加する

朝日新聞社に謝罪させるためにも原告団にご参加お願いします。参加は簡単。委任状を記入して事務局に郵送するだけ。弁護士費用は事務局が負担し、出廷に必要もありません。

訴状・委任状の書き方など詳細はこちらをご覧ください

朝日新聞社集団訴訟のご協力について

 私たち日本国民は、朝日新聞が捏造報道した従軍慰安婦問題が、国内外に幅広く報道された事により、日本国民としての名誉と誇りが激しく傷つけられました。

朝日新聞の従軍慰安婦問題は、「日本軍が組織的に慰安婦を強制連行した」と歴史的事実をねじ曲げて報道し、国際社会から激しい非難を浴びる原因になりました。

その後の、朝日新聞からの公式な謝罪は無く、当事者意識が全く無いため、NPO法人「DCT」は「朝日新聞を正す会」と共に、朝日新聞社を相手取り、日本の名誉回復と国際社会に対しての公式謝罪を求める、集団訴訟をする事になりました。

朝日新聞に公式謝罪をさせ、国際社会に対して、日本国の名誉を回復する為に、皆さんの署名をよろしくお願いします。

logo_asahiwotadasu

2014 Powered By 朝日新聞を正す会 By asahiwotadasu.com